ひとり旅に持参した方がいいものとは~お金、カード、スマホ以外で何?

ひとり旅で持っていく荷物は、できるだけ軽い方がいいに越したことはありませんが、持参しなければならないものを忘れてしまうと、それだけでブルーになってしまいます。

お金、カード類、スマホは必需品なので忘れることありませんし、着替えも当然持っていくでしょう。
そのほかに、どんなものを持参すればいいでしょうか。

ひとり旅の必需品

・お金(小銭)
・健康保険証
・運転免許証
・折りたたみ傘
・予約確認書のプリント
・カメラ付属品
・スマホの充電器
・筆記用具(+メモ帳)
・常備薬や化粧品
・歯磨きセットなどアメニティ類

冬の旅行の持ち物はこれ! 併せてお読みください


広告

 

🔷お金(小銭)
日常生活で現金を持ち歩かないという人でも、旅行では小銭を用意しておいた方が安心できます。地方の小さなお土産屋さんや飲食店では、「カード決済ができない」「電子マネーが使えない」というケースも多いでしょうし、自治体運営のコミュニティバスも現金が基本です。

🔷健康保険証
ひとり旅の前には絶対避けたい~体調不良は最大の敵のところでも書きましたが、旅先ではどんなアクシデントに見舞われるかわかりません。急に体調を崩したり、思わぬけがをしたりして医療機関にかかることも想定し、健康保険証は必携と言えます。お薬手帳も念のため、持参しましょう。

🔷運転免許証
すべて公共交通機関を利用する場合には不要ですが、旅先でレンタカーやレンタバイクを利用するなら、免許証は絶対必要です。運転以外でも、本人確認をする際には身分証明書代わりになるので、邪魔でなければ持ち歩きましょう。


広告

🔷予約確認書のプリント
ペーパーレスの時代となり、ホテルや交通機関などあらゆる予約がスマホで完結するようになりましたが、念のため予約内容をプリントアウトして持参することをお勧めします。スマホが故障したり、電池切れになったりした時に助かります。

🔷折りたたみ傘
旅先で急な雨に見舞われることは頻繁にありますので、折りたたみ傘は持ち歩いた方がよいでしょう。持ち運びに便利で、邪魔にならない軽量コンパクト型の傘が便利です。真夏の旅行なら、日傘にも代用できます。

🔷カメラ付属品
デジタルカメラを持ち歩く人も多いでしょうが、忘れがちなのが付属品です。とくにデータを保存するSDカードは、ちょっとしたことでトラブルを起こしますので、予備に1枚持っていきましょう。また、予備の電池(バッテリー)を用意すれば安心です。


広告

🔷スマホの充電器
さまざまなタイプの充電器がありますが、とりあえずケーブル一体型のACアダプターがあれば大丈夫です。昔に比べ、列車内や一部店舗での充電が可能になりましたので、旅先でスマホのバッテリー切れを心配することも減りました。

🔷筆記用具(+メモ帳)
旅先で気が付いたことや覚書は、スマホに入力すればいいと思われるでしょうが、手っ取り早くメモを取るためには、筆記用具を持参しておけば便利です。メモ帳とセットすればベストですが、どうしてもの時は「手」に書いてしまいましょう。

🔷常備薬や化粧品
定期的に薬を飲んでいる方はもちろんですが、飲食の前後に飲む胃腸薬や万が一の用心のための鎮痛剤、消炎剤なども必要に応じて用意しましょう。また、男性でもハンドクリームやリップクリームなど化粧品を常用している方は忘れずに。

🔷歯磨きセットなどアメニティ類
多くのホテルや旅館には備え付けでアメニティ類が用意されており、手ぶらで泊まることは可能です。ただし近年では、エコや脱プラ対策が叫ばれ、見直す動きも出ています。歯磨きセットなどは邪魔になりませんから、持参するのが望ましいです。

私の場合、絶対忘れてはならないものがメガネです。常時かけているメガネのほか、本などを読む時に必要な近距離用メガネが無いと不自由極まりないんですよね🤓

 

ご紹介したもの以外でも、旅先で必要だと思うものがあるかもしれません。いずれにしろ、必需品は忘れないように「持参品リスト」を作ってチェックすることをお勧めいたします。


広告

(Visited 76 times, 4 visits today)