冬のひとり旅は「備えあれば患いなし」~準備しておきたい持ち物って?

ひとり旅をするのに最適なシーズンは春とか秋ですが、真冬の厳寒期でも目的や行先によってはベストシーズンになることもあります。

ただ、冬の旅行は「寒さ」というリスクが付きまとうので、その対策が必要になります。とくに、冬ならではの服装や持ち物の準備は万全を期した方がいいでしょう。

冬のひとり旅に必要な持ち物などについてまとめてみました。

主な持ち物
  • 手袋
  • 毛糸の帽子、耳あて
  • マフラー
  • 保温効果のあるインナー
  • ブーツ
  • 使い捨てカイロ
  • のど飴
  • マスク

併せてこちらもお読みください

 

絶対に忘れてはならない手袋

持ち物のなかで絶対に忘れてはならないのが「手袋」です。暖かい地方に住んでいる方には、なじみが薄いかもしれませんが、必携のアイテムなのです。

寒いとついついポケットに手を入れて歩いてしまいがちですが、冬道では凍結の心配もありますし、両手の自由を利かせておくことが安全上、大切なことです。

手袋は指先を温めてくれるだけでなく、手を冷やさないことで体への保温効果も期待できます。手すりなどを手で直接触れないというメリットもあります。

日本海側の旅行では、雪や雨が降る確率が高く、傘をさして歩くことが予想されます。手袋なしでは手先が冷え切ってしまって、短時間でも歩くのはキツくなります。

うっかり手袋を忘れてしまったら、旅先のコンビニエンスストアなどで買い求めましょう。コンパクトサイズのものはポケットにも収納しやすいです。

 

保温効果のあるアイテム

寒さの影響を受けやすい体の部位に「耳」があります。寒い地域を旅行する時は、耳にも防寒対策をしておく必要があります。

昔ながらの毛糸の耳あては保温効果抜群ですが、最近ではイヤーマフのようなファッション性豊かなタイプも出てきています。

頭全体を寒さから守るなら、毛糸の帽子で耳までスッポリとかぶってしまうのもいいでしょう。フード付きのコートを着ていくという手もありますね。

体を内側から保温してくれるインナーも、冬用のものをチョイスしましょう。いわゆる「ズボン下」も、ひとり旅での外歩きには有効なアイテムと言えます。

 

足元にも気を配って

冬のひとり旅で歩いていると、足先から冷えてくることがよくあります。足の感覚が鈍ってくると、つまずきや転倒の恐れも出てきますので注意が必要です。

はブーツのような足首まで覆ってくれるタイプのものがお勧め。寒さ対策になることはもちろんですが、雪道で歩くような場合でも安心です。

靴下は、ふくらはぎまで伸びるような長いものを用意すると、保温効果が上がります。レッグウオーマーを履いてもいいでしょう。

冬場の靴下は厚手のものが一般的ですが、気温が予想以上に上がった場合、靴の中がムレてしまうこともありがちです。臨機応変に準備しましょう。

 

使い捨てカイロは便利です

体を直接的に温めるのに便利なのが使い捨てカイロ。ドラッグストアなどで手軽に買えますので、重宝している方も多いでしょう。

旅行の場合、日常生活と比べて屋内よりも外にいる時間が長くなりがちです。念のため、ワンセット持っていけば、あるいは重宝するかもしれません。

注意したいのは、使用後のカイロです。自治体によって「燃えるごみ」「不燃物」と区分が異なるケースがあります。基本的には持ち帰るのが一番確実です。

 

マスクは冬の必需品

マスクについては、新型コロナ対策で日常的に使われているので、旅行の際でも同じように必要があればマスクを着用するようにしましょう。

冬場は乾燥することが多く、のどを痛めがちです。のど飴をなめたり、適宜水を飲んだりして、のど荒れから風邪を引かないよう対策を取ってください。

新型コロナより以前から、冬のひとり旅ではマスクを必需品にしていました。インフルエンザ対策という点のほか、口元を覆うので寒さ対策にもなっていましたね😷

 

冬のひとり旅では、ほかの季節に比べて準備する持ち物が多くなります。面倒くさかったり、手間だったりしますが、少しでも快適な冬の旅をするためには「備えあれば患いなし」です! ぜひ参考にしてください。

(Visited 199 times, 1 visits today)