あの町この味ひとり旅「赤福氷~暑い時期にはたまらないご当地かき氷」

ひとり旅で出会った郷土料理、ご当地グルメ、美味しい食材など、エピソードを交えてご紹介するあの町この味ひとり旅。今回のご案内は三重県伊勢市「赤福氷~暑い時期にはたまらないご当地かき氷」です。

訪れたのは三重県伊勢市。江戸時代から「お伊勢参り」の目的地として人気だった伊勢神宮の内宮と外宮のおひざ元であり、今もたくさんの参拝客が訪れています。

内宮参道のおはらい町通りやおかげ横丁では、伊勢の名物グルメやお土産屋がズラリと並び、目移りしてしまいます。中でも超有名なのが伊勢名物「赤福」でしょう。


広告

三重県伊勢市で赤福氷

三重県など中京方面に旅行した際、家庭や知人、職場へのお土産として定番となっている赤福。伊勢神宮のある伊勢市に本店があり、参道にも売店が数多く出ています。

そんな売店で味わえるのが、今回紹介する「赤福氷」です。かき氷の赤福バージョンと言えば分かりやすいのですが、そこはお菓子の名店だけに一工夫凝らしています。

氷の上にかかっているのは抹茶蜜で、サクサクと氷を食べていると中から餅と餡(あん)が出てきます。赤福は餅菓子なので当たり前なのですが、氷用の餅を別に作っているそうです。

赤福はお土産で買えますが、お持ち帰りのできない赤福氷は売店でしか味わうことができない夏季限定品。夏の神宮参拝のお帰りにぜひどうぞ。

赤福の公式サイト

赤福氷は人気商品なので、休日は行列を覚悟しなければなりません。私も伊勢神宮参拝の帰りに食べましたが、炎天下の30分待ちだったことを覚えています😓

 

伊勢市のお勧め情報「河崎町の街並み」

伊勢観光というと、伊勢神宮参拝で終わらせてしまう方も多いのでは?
お時間があるなら、ぜひとも訪れてほしいのが「河崎町」

JR参宮線と近鉄線にまたがる伊勢市駅の近鉄側の出口を出て東へ進むと、勢田川に沿った江戸時代の情緒がある街並みエリアが現れます。

勢田川の水運を利用した問屋の蔵は、伊勢河崎商人館や川の駅といった観光施設に生まれ変わっているほか、街並みにマッチした飲食店や工房があります。

界隈にある銭湯「旭湯」は二見浦からくみあげた海水を使っており、まさに「お清めのお風呂」。 参拝の前にひと風呂浴びていくのも、旅の思い出になるのではないでしょうか。

伊勢河崎商人館のサイト

旭湯のサイト

※この記事は、ブログ「旅道楽マイケルオズのあの町この味ひとり旅」の掲載コラムを加筆修正して載せています。

併せてご覧ください


広告

(Visited 5 times, 1 visits today)