「withコロナ」だからこそ、おススメしたい一人酒~初めてでも大丈夫です!

新型コロナウイルスが2023年5月8日から感染症法上の扱いが5類に移行され、いよいよ本格的な「withコロナ」の時代に入ってきましたね。

新型コロナが終息したわけではないので、「大勢で飲むのはチョット・・・」という方もいるでしょう。そんな方にピッタリなのが「一人酒」です。

一人で酒場に入れば、店員さん以外の誰とも会話しなくてもいいですし、ほかのお客さんとの距離も保てますので、感染のリスクは低くなります。

でも一人酒って、新型コロナ対策だけじゃないんです。
単純に言って「一人酒は楽しい」のです。

「一人酒をまだ経験したことがない」という方に、酒場の楽しみ方や気をつけたい点などについてご案内いたします。

 

広告

 

🍺 酒場の豆知識①「どうやって酒場を選ぶ?」

一人酒と言うと、渋そうな店のカウンターに座って、一人グラスや盃を傾けるという光景をイメージする方もいるでしょう。

ただ、いきなり年季の入ったディープな店構えの酒場に入るというのは、かなりハードルが高いですので、ついつい店先でウロウロしてしまいがちです。

初めての一人酒という方には、まずはチェーン展開している酒場を選ぶことをおススメします。とくに、その地方だけにある地域密着型チェーン店がいいでしょう。

チェーン店の場合、独自サイトを持っている酒場も多いので、事前にチェックしておけば安心ですし、サービスチケットをゲットできればラッキーです!

私の場合、酒場選びの時、食べログなどの口コミ情報も参考にしますが、一番は経験とカン頼み。「この酒場は良さそう」と直感したら飛び込んでみる・・・ほぼ外したことはありません🤣

 

🍺酒場の豆知識②「店によって違う流儀?」

タッチパネルを導入した店も増えています

流儀というほど大げさなものではありませんが、酒場によって注文の仕方や勘定の払い方などに、独自の方法(システム)を用いているところがあります。

最近増えているのがタッチパネルでの注文で、新型コロナになってから目立つようになりました。店側からすると、お客さんとの接触を減らす効果があるようです。

タッチパネルの操作方法が分からないという方もいるでしょう。そんな時は遠慮なく店員さんを呼んでください。操作方法を教えてもらったり、直接注文したりできるはずです。

また、立ち飲みのような形態の店のなかには、キャッシュオンデリバリーという方式を取っているところもあります。酒や料理と引き換えに支払う「前払い」のことです。

ご常連さんのように、あらかじめお金を用意できればスマートでしょうが、たとえ知らなかったとしても大丈夫。店員さんがちゃんと教えてくれますよ。

広告

 

マイケルオズ流 一人酒の心得

一人酒での酒場探訪数知れず・・・酔いどれ男のマイケルオズが「一人酒の心得」と銘打って、5つのポイントを記してみました。

1 店構えに臆せず、思い切って店に入ってみる
2 お店に遠慮せず、でも図々しいのはダメ
3 酒場は楽しむところと心得るべし
4 雰囲気になじんでも、深入りはしない
5 名残惜しみつつ店を出るのがベスト

酒場詩人の吉田類さんが、「酒場で一人酒をする時は、付かず離れずがいい」とおっしゃっているのを聞いたことがあります。

酒場には、その店の持つ独特の雰囲気があります。それは店主や店の方々、そしてご常連たちお客さんが長年培ってきたものです。

「一人酒の心得」に記したこと。つまり「図々しいのはダメ」「深入りはしない」というのは、その酒場の雰囲気を尊重し、雰囲気を壊さないでほしいという意味を込めました。

酒場にはテーブルマナーのような難しいしきたりは基本的にはありません。ちょっとした気配りとか、空気を読むこととかができれば、雰囲気に溶け込めるはずです。

もしも雰囲気に合わなければ・・・その時は静かに店を出ましょう。
文句を言うのは店を出てから。これも大切なマナーの一つです。

広告

 

「酔いどれ男のさま酔い飲み歩記」連載中

「酔いどれ男のさま酔い飲み歩記」は、2022年8月からnoteで毎週水曜日に連載しているエッセイで、大阪や東京での飲み歩きをはじめ、全国各地のひとり旅での酒場めぐりなど、エピソードや失敗談を盛り込みながら、ドキュメントタッチで面白おかしく書いています。

noteのマガジンへリンク

2023年2月からは当サイトでも掲載を始めました。
サイトのカテゴリー「ひとり旅で飲み歩き」からエッセイをお選びください

カテゴリー「ひとり旅で飲み歩き」へリンク

※サイトよりお願い お酒を飲まれる方は、次のことは必ずお守りください
・お酒を飲んだら、絶対に運転しないでください。また、運転する方にはお酒を飲ませないでください
・お酒は百薬の長ですが、飲み過ぎると害になります。前後不覚になるまで酔わないよう気をつけましょう
・「駆けつけ三杯」「一気飲み」は急性アルコール中毒の危険がありますので、やらないでください
・20歳未満の方の飲酒は慎んでください。大人の方も飲ませないようにしましょう


広告

(Visited 27 times, 1 visits today)